HHコラム_ヘッダー.png

#2 possibility

2021/06/02

緊急事態宣言延長に入りましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は昨日からお仕事が始まってしまうのですが、嬉しいような悲しいような…まぁ家にいてもダラダラしてしまうので早くなにかしたいとは思ってました。笑
早くこの事態が収束するといいなぁ….

ーーーーーーーー

さて前置きはここまでにしておいて、今月のレポートに取り掛かりますかね。
今月はとても、それはとても収穫の多い月だったようかんじますね。皆様は今月もライブ楽しんでいただけたでしょうか?
4本しかライブはなかったですが、その中でも大きな変化が出た気がするものを挙げていこうかなと思う。


05/08 FREEDOM NAGOYA オーディション

この日はお客さんの投票が次のステージへの鍵だったので、ヒヤヒヤしていたが
結果、票が足らず敗北。これは今年で一番納得行かない結果だった。
確かにうちの動員も少なかったかもしれない。でもあれほど遮音板を使いこなしてライブを作り上げていたバンドが他にいただろうか。





間違いなくええライブをしていた。ずっとそばで見てきている私が言うのだから間違いないのだ。
これを思っていたお客さんも少なくはないはずだ。なぜならCGH目的で来てないお客さんの投票も入っていた。(あくまでこれは推測)つまりご新規さん。
これは大きな進歩。そして自信につながるのではないか。メンバーはそこまで凹む様子はなかったが、言葉に出さずともそういう面で喜んでいたのは間違いないだろう。
もっともっと広がれ。もっともっと知ってほしい。そう願いを込めながら毎回ライブを見ているstaff。小学生かな?


05/16 神戸KINGSX
この日は2会場でのサーキットイベント。ゴリゴリのバンドの中、力強いサウンドで戦ってくれたCGH。この日もいいライブをしていた。
というか最近のライブは全ていい感じ。だんだん進化してきていると思う。この日もその成長が著しく見られた気がする。
サウンドもTaisukeが機材を変更し、だいぶ音が変わった。よりよくなってきている。もちろん詰めるべき点はいくつかあるがそれはこれからの課題点になるだろう。



05/23 今池3STAR
初のアイドル主催のイベントに出演し、きっちり爪痕を残していったCGH。まさかのアイドルのお客さんがCDをバンバン買ってくれるという意外な展開に。
物販を担当している私からすると、久々のワクワクだった。いろいろなお客さんにもインパクトを与え、それの影響がもろに出てるのをヒシヒシと感じ非常に嬉しかった。
この3本のライブで明らかに変化している。その変化を間近で見れているのは大変光栄なことだ。

ただ、この日は2ステージだったためメンバーの疲労が少し見られた気がした。やはりこれからのツアーに向けて体力向上は必須項目だろう。
KZKは最後吐きそうになっていたが、シャウトをしたときに思わず笑ってしまった。ここでの笑いは決して馬鹿にしている笑いではない。たまにある、やばすぎたりとんでもないものを見ると
わらってしまうあれ。まさにそれだった。あの響きをコンスタントに出せればもはや最強だろう。

追記させてもらうと、この日私は一番うしろのPAブースからまるで指揮者のようにメンバーを煽り立てていた。そっちのほうがメンバーも燃えるからだ。
案の定、みんなのいいポテンシャルが出ていたとおもうので機会があればまたやってみようと思う。


ーーーーーーーーーー

こんな感じで今回は終わりにしようかな。新規のお客さんが増えてきてるのは本当に嬉しいことだし、みんなが絶えず頑張って努力している証拠だとおもうな。
また来月のレポートでお会いしましょう。
来月のNetflix限定のバイオハザード楽しみ。


 

♯1 impression

2021/05/03    


最近気温の変化がひどくて困っちゃいますよね。昼間は半袖のほうがええんかおもたら夜は寒なるし。
どないしたらええねん!と思いながら毎日生きております。
皆さんは風邪引か内容に気をつけてくださいね。

ーーーー

皆さん大変長らくお待たせいたしました。いちやすの初のマンスリーレポートでございます。(めちゃ月頭ですが)←
いや、ほんと遅くなってすみません(汗)こういうの書くの初めてなので、温かい目で見ていただければなと思います。
なんか形式とかは誰かさんのパクったりしてます。笑←
急に本題に入るのもいいとは思いますが、ここでなぜ私がこのレポート始める事になったのかというと


 

KZKですね完全に。笑

 

自発的に言い出したものではなく、ある日突然でした。


K「おまえ暇やろうし、レポート的なの書けや」

まさか俺に言うてくるとは思ってもみなかったのでびっくりした。
こういうのできるかなーと思いつつ、その発言から数ヶ月。重い腰を上げようやく私はペンを握った。



まぁ、マンスリーレポートって何書くねんって感じなんですが

 

1ヶ月を通してメンバーについて思ったことを正直に書く

 

というなんとも簡単なようで、ある意味難しいお題でした。あくまで僕目線なのであしからず。
では、本題に入ろう。

 



ーーーー

とりあえず4月のメンバーの様子を記していこうかな。先月は製作期間でライブが一本しかなかったね。それはまぁ皆さん忙しかった。
3月から入ったレコーディング期間が4月半ばまで食い込むとは思いもしない。とはいえメンバーみんなで頑張ってたと思います。

あまり前のライブとかだと流石に僕の記憶のストレージにも限界があるので、04/11と05/01のライブを見て思ったことをここに記そうかな。
まず、全体を通してみると最初に出てくる言葉が


 


『やっぱかっけぇわ』


この一言に尽きるよな。うん、わかるよ。みんなもそう思うよな。
っておいおい、そんなにはしゃぐんじゃない。先生は逃げたりしないからな。



……失礼。取り乱した。
KZKにはバッサリぶった斬れと言われたが、これが難しい。だってかっこいいんやもん。ぶった斬るほうがむずいわ。なんならこっちがぶった斬られてるわ。

だがしかし、全くなにも思わないというわけでもない。俺もバンド歴浅はかだが、音楽を志すもの。
全体の音を聞いて、気になる点はいくつか挙げられる。その中でも気になるのがギターの音色、新曲の完成度、そしてボーカルの喉の消耗。

04/11
名古屋 アポロベイス

この日は初めて新曲『Faith』をライブでお披露目することになったのだが、やはり弾き慣れてる曲と比べるとどうしても余裕がない印象。グチャッとなってるわけではなかったがバチッと決まってるわけでもなかった。僕個人の感想を言わせてもらうと



安牌
 


って感じかな、特にバックバンド。Vo.KZKはこの日、セトリ後半喉の消耗が著しく見られたので心配になった。やはり扁桃腺が影響しているせいか。彼はそれでも自分の喉を殴りながら歌ってた。ものすごい根性。恐れ入る。はやく完治させてほしいものだ。バックバンドは新曲もっと攻めて欲しかったという感じ。日々鍛錬。ステージングは申し分ない出来だったと感じた。

 


05/01
東京 IN THE FAMILY

この日のライブはおそらく、ここ最近で一番良かったライブだった。演奏も勢いがあってアツいライブをしてくれたと思った。
MCもスタッフながら完全に刺さってしまっていた。勝手に泣きそうになっていた←
だが、KZKも目がウルウルしてたと思ったが….気のせいか…?気のせいだということにしておこう。うん、そうしよう。

しかし、新曲の完成度がまだ気になる。ギターの音色。そこが一番気になったポインツ。今まであれだけ早いテンポでユニゾンのリフを弾くことがなかったせいか、今まで通りの音で弾くと、リフがきちんと前に出てこない。後ろまで届いてこない。非常にもったいない現象が発生してしまっている。前のお客さんには聞こえてるかもしれないが、それでは意味がない。
早急に音色の見直しが必要だと感じた。

ステージングはかっこいいぞお前ら!!!
音もかっこよくしていこうぜ!!!

 

 

ーーーー

 

 

てなわけで一通り書いたのですが、個人個人で書くのマジ至難すぎるので自分が気になった点だけ挙げていこうかなと思います。今後も続けていこうと思っているのでご贔屓に。

一つ思ったんやけど、おれめっちゃ上から目線でうざいやつみたいにならんかだけが心配です。